令和元年適塾特別展示「北船場地域と適塾・除痘館」開催

作成者 admin at 2019年06月06日 13時55分 |

6月4日(火)より、特別展示「北船場地域と適塾・除痘館」を開催しております。

 

適塾は、天保9年(1838)に、蘭医学研究の第一人者とされる蘭方医緒方洪庵(1810-1863)によって、大坂の瓦町に開かれました。その後、弘化2年(1845)、洪庵は当時の過書町(現・北浜三丁目)に塾を移転します。これが現存する適塾です。また万延元年(1860)年には、尼崎町一丁目(現・今橋三丁目)に洪庵らが開設した種痘(天然痘予防)事業の普及拠点である除痘館も古手町(現・道修町四丁目)から移されます。

書斎1

書斎では、幕末期の適塾周辺の様子がわかる古地図マットを置いています。上を歩いていただけますよ!

 

本展示会では、かつて適塾や除痘館が存在した「北船場」地域の歴史にスポットをあてます。本展示を通して、洪庵や塾生らがどのような環境下で、どのような人々と関係を取り結びながら、研鑽を積んでいたのかを明らかにします。

 

家族部屋1

家族部屋では、洪庵や塾生らが活動した時期の北船場の歴史と適塾・除痘館の変遷をおっています。

 

~主な展示品~

①緒方洪庵が過書町(現・北浜三丁目)の町屋を購入した際の史料一式(「永代売渡申家屋敷之事」ほか)

②2代目適塾があった過書町の様子を伝える土地台帳(「過書町水帳」)

③種痘事業の拠点・除痘館(2代目)や儒学塾・懐徳堂があった尼崎町一丁目(現・今橋三丁目)の土地台帳・地積図(「尼崎町一丁目水帳・水帳附図」)

④緒方洪庵自筆の日記(「癸丑年中日次之記」)

⑤塾生福澤諭吉の自伝(『福翁自伝』)

⑥明治期の適塾の門人帳(「紀元弐千五百四拾歳 入門人名録」)

 

特別展示は6月16日(日)まで、適塾1階において開催しております(10:00~16:00開館、月曜休館)。

皆様のご来館を心よりお待ちしております。

センター紹介

活動日誌(ブログ)
適塾記念会 適塾記念会入会のご案内
適塾データベース
適塾かわら版